葬式の服装が黒が多い理由について

 葬式に着る礼服や喪服などの服装は基本的に黒を基調としています。
これは、実は日本国内においてはおよそ100年くらい前から使われだした服装です。
元々日本においては葬式のときに着る服は一般的には白を基調としていました。
 これは一つには白は穢れのない色であり、黄泉の国へと最愛の人を送り出すときに最も適した色という考え方があったためです。
もう一つには黒の染料は当時の人々には高級品とされており、一般の人にはなかなか手を出しづらかったという時代背景もありした。
ですので、黒い喪服を着て葬式を行ったのは昔においては一部の上流階級だけが行っていました。
 今のように黒い喪服が一般層にも広がりだしたのは、明治維新のころからとされています。
欧米の文化にならったという見方が一般的です。
 今でも地方によっては白装束に身を包んで葬式を行う風習があるところも存在します。
 また現在でも白の喪服は、一部の未亡人があえて着ることもあります。
これは現代においては一見異端のようにも見えますが、実は再婚をしませんという決意を周りの人々に披露するという隠された意味が存在することがあります。

葬式の服装について

いつやってくるか分からない自分の身近な人の死、服装も何かと悩むものです。
いざという時に慌てなくて済むよう、あらかじめ葬式に着ていく服装についてまとめておくとよいでしょう。
成人の場合、男性は黒のスーツに黒や地味な柄のネクタイ、女性は黒のスーツやワンピースを着用します。
女性はストッキングも着用しますが、色は黒か肌色にしましょう。
また、女性は出来るだけ肌を見せないのが原則であり、暑い夏場も出来るだけ五分袖まであるものを着用しましょう。
また、小さい子供がいる場合、他の参列者の迷惑にならないよう十分配慮が必要です。
服装に関しては、学生の場合は制服、制服がない場合男の子はブレザーと白シャツ、女の子はブラウスを着用させます。
普段子どもに着させるような明るい色のリボンや髪飾りは、葬式にはふさわしくないため避けましょう。
なお、赤ちゃんを連れて行く場合は、新生児や乳児用の白い服が望ましいですが、出来ればグレーなどの地味な色の方が良いでしょう。

pickup

渋谷区の遺品整理はこちら

2017/12/1 更新

Copyright c 2015 正しくお葬式 All rights reserved.